銀合金・シルバー製品 ミロブライト買取価格

銀合金・シルバー製品 ミロブライト買取価格

本日のミロブライト買取価格

2019年05月23日

¥3,709

前日比買取価格-16円

  1. 2019年05月24日
  2. 2019年05月22日

相場情報

2019/05/2318:30現在の金・パラジウム・為替相場

18:30現在の金相場は1トロイオンス1278.65ドル、パラジウムは1305.90ドル、為替は1$110円10銭前後の値動きで推移しております。

2019/05/23円高要因から国内貴金属は総じてマイナス圏での値動きに↓

【金相場】22日のNY金相場は、米FOMC結果を控え様子見ムードとなるも、米中貿易摩擦の激化に対する懸念から買いが入り小反発。中心限月の6月限は1トロイオンス1274.20ドル(+1.00ドル)と、横ばいながら小幅高で取引きを終了。トランプ政権が中国の防犯・監視システム最大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)の製品が米国の利害を損なう恐れがあるとして、米企業による取引の制限を検討していると報道。通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)制裁に続く取引制限となれば、米中貿易戦争の激化は避けられないとの見方が広がり、安全資産としての金は買いが先行した。また、英国の欧州連合(EU)離脱問題の先行き不透明感が根強いほか、米国株価の軟調さも意識され、相場は一時1277.10ドルまで上昇した。ただ、外国為替市場ではドル高・ユーロ安基調が継続し金相場の重しとなったほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を午後に控えて徐々に様子見ムードも強まったため、上値は重い展開となった。
引け後に連邦準備制度理事会(FRB)が発表した4月30日、5月1日開催分のFOMC議事要旨では、物価の伸び悩みについて大半の参加者が一時的との認識を表明。また、景気と物価を押し上げるための利下げの必要性に言及する意見は出なかったことが明らかになったが、金相場への影響は限定的だった。

国内の金相場は、円高要因からマイナスサイドに転じ反落。買取ベースでは1gあたり4,841円(-19円)と、値を落とす展開となりました。

《直近10日間の金相場価格推移(買取)》

05/23  4841円 (-19円)

05/22  4860円 (+17円)

05/21  4843円 (-9円)

05/20  4852円 (-17円)

05/17  4869円 (-20円)

05/16  4889円 (-6円)

05/15  4895円 (-10円)

05/14  4905円 (+37円)

05/13  4868円 (+3円)

05/10  4865円 (+2円)

直近10日間の金相場平均価格:4,869円/g


【パラジウム相場】22日のNYパラジウム相場は、米中の対立に対する懸念や株安を受けて軟調となったが、売り一巡後は安値を買い拾われて上昇。中心限月の6月限は1トロイオンス1313.50ドル(+1.00ドル)と、横ばい圏ながら小反発して取引きを終了。米トランプ政権が中国の監視カメラ最大手についても取引制限を検討しているとの報道などで、米中通商摩擦の激化懸念が再燃し投資家心理が後退。株式市場が軟調となる中、パラジウムも序盤は売りが先行し軟調に推移した。ただ、売りが一巡すると安値拾いの買い戻しが入って反発。金の上昇も意識され、午後にはプラスサイドに反転し、結局買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウムは、NY市場では小幅ながら買いが優るも、為替が円高に傾斜した事を受け、マイナス圏で推移。買取では1gあたり4,995円(-38円)と、続落しました。

《直近10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

05/23  4995円 (-38円)

05/22  5033円 (-27円)

05/21  5060円 (+65円)

05/20  4,995円 (-59円)

05/17  5,054円 (+10円)

05/16  5,044円 (-10円)

05/15  5,054円 (+54円)

05/14  5,000円 (-87円)

05/13  5,087円 (+119円)

05/10  4968円 (-38円)

直近10日間のパラジウム相場平均価格:5,029円/g

10:50現在の金相場は1トロイオンス1276.90ドル、パラジウムは1309.75ドル、為替は1$110円18銭前後の値動きで推移しております。

2019/05/23本日の金パラ相場価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格48,000円(-300円)、その他の12%金パラの買取り価格は47,800円(-300円)、開封品の金パラジウム買い取り価格が1051円(-10円)と、本日地金が揃って値を下げマイナス圏で推移した事から、金パラも値を落とし続落となりました。

現在、日相場の価格変動が激しくなっており、場合によっては乱高下する事も御座いますので、ご売却検討の方はリスクを極力回避して安全にご売却下さい。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2019/05/23本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金4,841円(-19円)、パラジウム4,995円(-38円)、銀54.33円(-0.21円)、プラチナ3,047円(-66円)と、国内貴金属は総じて値を下げ軟調に推移。金はNY相場では横ばい圏ながら小幅高に振れるも、国内ではマイナスサイドに転じ反落。また、銀も値を下げ反落したほか、パラジウム・プラチナもマイナス圏での値動きとなりました。

2019/05/2322日 海外貴金属相場

【22日】NY貴金属相場(中心限月終値)

金:1274.20ドル(+1.00ドル)

銀:1444.90セント(+3.90セント)

パラジウム:1313.50ドル(+1.00ドル)

プラチナ:805.30ドル(-10.10ドル)

本日のミロブライト買取価格

06/26

3,826

前日比買取価格-46円

本日のルビスター買取価格

06/26

7,251

前日比買取価格-93円

トップに戻る