銀合金・シルバー製品 ルビスター買取価格

銀合金・シルバー製品 ルビスター買取価格

本日のルビスター買取価格

2021年10月26日

¥11,611

前日比買取価格+152円

  1. 2021年10月27日
  2. 2021年10月25日

相場情報

2021/10/26国内貴金属は軒並み値を上げ堅調に推移↑金はインフレヘッジから約4ヶ月ぶりの高値を付けるなど一段高へ。

【金相場】週明け25日のNY金相場は、世界的なインフレ懸念を背景に買われ続伸。中心限月の12月限は1トロイオンス1806.80ドル(+10.50ドル)と、節目の1800ドルを上抜き、中心終値では9月14日相場(1807.10ドル)以来およそ1ヶ月半ぶりの高値で取引きを終了。この日は原油相場が一時1バレル=85ドルを突破し、約7年ぶりの高値を再び更新。これを受けてエネルギー価格の高騰によるインフレ懸念が改めて強まり、インフレヘッジとしての金買いが優勢となった。また、米国長期金利が低下し、金利を生まない資産としての投資妙味が増したことも、金相場の支援材料となり一段高となった。市場の関心は今週から来週にかけて開催される日米欧の金融政策決定会合に向いている。

国内の金相場は、上げ幅を拡大したNY相場を映し一段高へ。買取ベースでは1gあたり7,214円(+62円)と、直近高値を上抜き、6月11日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値を更新し同日ぶりに7,200円台に浮上しました。

《10日間の金相場価格推移(買取)》

10/26  7,214円 (+62円)

10/25  7,152円 (+17円)

10/22  7,135円 (-6円)

10/21  7,141円 (+44円)

10/20  7,097円 (+33円)

10/19  7,064円 (-18円)

10/18  7,082円 (-81円)

10/15  7,163円 (+52円)

10/14  7,111円 (+107円)

10/13  7,004円 (+34円)

10日間の金相場平均価格:7,116円/g



【パラジウム相場】週明け25日のNYパラジウム相場は、堅調となった原油や株式相場の流れを好感し買い地合いが継続。中心限月の12月限は1トロイオンス2048.20ドル(+12.60ドル)と、値を伸ばして取引きを終了。世界的な原油需給のひっ迫観測が根強く、原油相場が朝方に一時85.41ドルと2014年10月以来7年ぶりの高値を更新するなど一段高となったほか、米国株も堅調に推移するなどリスク選好意欲の高まりを背景にパラジウムも買いが選好し上伸した。また、金をはじめ他貴金属も堅調となった事も好材料となり、この日も買い優勢で取引きを終えた。

国内のパラジウム相場は、堅調地合いを維持した週明けのNY相場を映し上昇。買取では1gあたり8,201円(+143円)と、4営業日ぶりにプラス圏に反転しました。

《10日間のパラジウム相場価格推移(買取)》

10/26  8,201円 (+143円)

10/25  8,058円 (-22円)

10/22  8,080円 (-192円)

10/21  8,272円 (-110円)

10/20  8,382円 (+324円)

10/19  8,058円 (-170円)

10/18  8,228円 (-204円)

10/15  8,432円 (+138円)

10/14  8,294円 (+176円)

10/13  8,118円 (-226円)

10日間のパラジウム相場平均価格:8,212円/g


10:30現在の金相場は1トロイオンス1809.70ドル、パラジウムは2053.55ドル、為替は1$113円88銭前後の値動きで推移しております。

2021/10/26本日の金パラ価格

GC キャストウェル M.C.の買取価格81,300円(+1,000円)、その他の12%金パラの買取価81,100円(+1,000円)、開封品の金パラジウム買取価格が2,066円(+33円)と、本日金が約4ヶ月ぶりの高値を更新するなど一段高となったほか、パラジウムも4営業日ぶりに大幅反発した事を受け、金パラも堅調に推移し4営業日ぶりに上昇。約1週間(20日相場)ぶりの高値となり81,000円台に値戻す展開となりました。

現在、貴金属は世界情勢や為替動向など様々な要因から価格変動が激しくなっており、金パラ相場も値動きが荒く乱高下する場合が御座います。

直近の金パラ(キャストウェル)相場推移

2021/10/26本日の地金相場-金・パラジウム・銀・プラチナ価格

本日の地金は買取ベースで金7,214円(+62円)、パラジウム8,201円(+143円)、銀97.02円(+0.99円)、プラチナ4,195円(+64円)と、国内貴金属は軒並み値を上げ堅調地合いに。金は週明けのNY相場が節目の1800ドルを突破し約1ヶ月半ぶりの高値を更新するなど一段高となった事を映し、国内でも上げ幅を拡大し直近高値を更新。6月11日相場以来およそ4ヶ月ぶりの高値を更新し同日ぶりに7,200円台に浮上したほか、銀も上値追いとなり8月2日相場(約2ヶ月半)ぶりの高値を更新。また、本日は白金族のパラジウム・プラチナもそれぞれ値を上げ、パラジウムは4営業日ぶり、プラチナは3営業日ぶりに反発しました。

2021/10/26週明け25日 海外貴金属相場

【25日】NY貴金属相場(中心月終値)

金:1806.80ドル(+10.50ドル)

銀:2459.20セント(+14.30セント)

パラジウム:2048.20ドル(+12.60ドル)

プラチナ:1063.80ドル(+11.70ドル)

本日のミロブライト買取価格

01/28

6,217

前日比買取価格-190円

本日のルビスター買取価格

01/28

12,111

前日比買取価格-33円

トップに戻る